第5話 いっぱい出たね【カラミざかり】

4人のカラミが最高潮に達する
あまりに目まぐるしく変わる展開に興奮が途切れることはない

好きなコの処女が、予想だにしない展開で親友に奪われる
淡い恋心と若さゆえの欲望とが行きかい気持ちを掻き立てます

それにしても貴史はハーレム状態
一度に可愛い二人の女子高生の処女を奪うなんて…

許せないですよね

僕も混ぜてくださーい!!

横になっても張りがある女子高生のおっぱい
制服を着たままで露出するおっぱいがたまりません

里帆と貴史が激しくカラミあう

是非無料試し読みから読んでみてください♪

<<<公式サイトはこちら>>>
リンク

 

第5話ネタばれギリギリあらすじ

智乃は高成をゲットして、新たな男を味わい始める
すぐに高成のチンポをフェラし始める
高成は初めてのフェラに感じながら、智乃の顔を眺める

貴史は制服を着たままの里帆のスカートをまくり上げ、まんこにしゃぶりつく
恥ずかしさのあまり里帆は両手で顔を覆い途切れた声をかすかに上げる

ベッドの上ではすでにブラウスをまくり上げられ、おっぱい丸出しの里帆がまたを開いて挿入されるところ

高成は気が気でない
が無情にも貴史の息子が里帆の中に入っていく

「あー飯田のま〇こ」
「新山のと全然感触が違う」

「2人とも気持ちいいけど」
「感じが違うんだ」

そんな二人のセックスを見るたびに、嫉妬にかられる高成のチンコは硬さを増す

「飯田のマンコすげー締め付け」
「チンコもってかれそ…」

激しく腰を振る貴史と里帆のセックスを見ながら
智乃のフェラでいってしまう高成

貴史の母親の声が…

 

第5話 いっぱい出たね 感想

里帆と貴史のセックスシーンがいいですね

処女の女子高生がちょっと気のある男の子に見られながら初めてのエッチをする
その背景だけでも複雑な気持ちにざわついてしまうのに

里帆の性格がおとなしいのに、セックスには興味があって、
エッチな流れに身をゆだねてしまう風がたまりません

男のほうが純な分、高成がちょっとかわいそう

貴史に処女を奪われてしまうのを目の前で見ていながら

智乃のフェラされている厚生のちんこは感情と連動して
より硬くギンギンになっていく

複雑なちんこ模様の描写が秀逸

素晴らしい作品だと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました