第4話 おっぱい…さわって…【カラミざかり】

あのフェラの表情を見たら、もう止めることなんかできない

もう智乃のスイッチは全開、性への好奇心のままに流されていく
今抜いてもらったばかりなのに、貴史も止まらなくなってしまう…

貪るように口を吸い、舌を絡める
貴史の指は智乃の中をいじり、智乃は貴史のそそり立つチンコを握る

静かにくちゅくちゅと濡れている音がし
ちゅぱちゅばと舌が絡み合う音が響く

「い…挿れていい?」

恥じらいながらうなづく智乃

はじめての二人

初々しい初エッチを堪能してください

是非無料試し読みから読んでみてください♪

<<<公式サイトはこちら>>>
リンク

 

第4話ネタばれギリギリあらすじ

フェラできれいにしてくれた智乃の顔を見て貴史のスイッチが入ってしまう
2人はベッドに倒れこみ、貴史は智乃に覆いかぶさる

目を見つめあいながら、舌を絡めあいう
貴史の右の中指と人差し指は智乃の大事なところをさする
智乃もしっかりと貴史のいちもつを握りしめる

「新山のま〇こぐちょぐちょ」
「すげーーエロい」

「うるさ…ぃっ」
「あっ んんっ」

はじめてのフェラだけで終わらす、処女喪失までまっしぐら
「初めてだからゆっくり…」

という言葉とは裏腹にすべてを受け入れていく

それを見ていた里帆と高成も興奮で体の中は熱くなっていた

2人は貴史にベッド度に引き込まれるが
里帆は貴史がさらってしまう

なんという展開

智乃に誘われ高成も初めておっぱいをもむことに

 

第4話 おっぱい…さわって… 感想

チョーうらやましい展開

みんな初めてなのにいろいろしちゃってコノヤロー

貴史の積極性には見習うところがあります

2人の処女をしっかりいただいて、
しかも、ちゃんと濡らしてあげてから挿入するなんてできたやつです

俺は智乃ちゃんが最高だと思う

高成をフェラで抜いて、いっぱい出たねなんて笑顔で言うなんて…

智乃は初めてのフェラ体験だけど、
2人の違う男のものを美味しそうに味わった

智乃は本物のフェラチオ好き?

彼女にしたいー!

でも気になるのは高成と里帆の二人

お互いに意識しているんだろうけど、2人がなかなか触れ合えない
何かじらされている感があります

きっと初めての合体では、興奮してしまうのだろうなー

コメント

タイトルとURLをコピーしました